再発・転移した肝がん(肝癌)の治療

原発性肝細胞がん(肝臓癌)治療

dr_suzuki_s

再発とは、治療により目に見える大きさの癌がなくなったあとに、再びがんが現れることを言います。

原発性肝臓がん(肝臓癌)の約90%は肝細胞がんであり、その多くはB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染から慢性肝炎、肝硬変を経て発がんするという特徴があります。

肝がん(肝癌)に対しては肝切除ラジオ波焼灼療法エタノール注入療法などの局所療法や肝動脈塞栓術など様々な治療法がありますが、いずれの治療を行ったとしても肝がんが発生した原因である慢性肝炎や肝硬変は治りません。

そのため肝臓がん(肝癌/肝細胞がん)は非常に再発を繰り返しやすいがんです。

再発した肝がんに対しては条件が合えば肝切除やラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法、肝動脈化学塞栓療法などを繰り返し行うことができます。

転移とは、がん細胞がリンパ液や血液の流れに乗って他の臓器に入り込み、そこで成長したものをいいます。肝がん(肝癌)に対して肝切除ラジオ波焼灼療法エタノール注入療法などの局所療法や肝動脈塞栓術など積極的に治療を行ってがんが切除し、あるいは縮小し治ったかに見えても、その時点ですでにがん細胞がリンパ液や他の臓器に転移していることがあり、時間の経過とともに転移が明らかになることがあります。

肝細胞がん(肝細胞癌)が転移した場合には肝動脈塞栓術も含めた局所療法は適応とはならず、全身化学療法が行われることが一般的です。

転移性肝がん(転移性肝癌)の治療

肺がん(肺癌)食道癌(食道がん)、消化器のがん(胃がん(胃癌)大腸がん(大腸癌)すい臓がん(膵臓癌)胆嚢癌(胆のうがん)胆管癌(胆管がん))や乳がん(乳癌)卵巣がん(卵巣癌)子宮がん(子宮癌)前立腺がん(前立腺癌)などから肝臓に転移した転移性肝がんでは、大腸がんを除いて手術の適応はなく、それぞれの原発巣に効果が期待できる抗がん剤を投与します。

大腸がんの場合には条件が合えば転移性肝がんに対して手術することがあります。詳しくは転移巣の手術療法-肝転移、肺転移した場合の手術療法を参照ください。

 

肝臓がん情報の関連記事
  • 肝臓癌 | 原因、肝炎
  • 肝臓癌 | 初期症状と末期症状
  • 肝臓癌 | 腫瘍マーカー
  • 肝臓癌 | 画像検査
  • 肝臓癌 | ステージと5年生存率・余命
  • 肝臓癌 | 治療の選択
  • 肝臓癌 | 手術とラジオ波焼灼療法
  • 肝臓癌 | 肝動脈塞栓術や抗がん剤
  • 肝臓癌 | 再発と転移